簡単にあごのたるみを取る方法3つ

あごのたるみを取る方法は簡単に分けて3つあります。

一つ目は、「リンパのつまりを流す」方法です。
体中には汚れた物質を流すためのリンパがあるのですが もちろん顔にもそれはあります。

どうすればリンパの流れをよくできるかというと 顔を優しくなでてあげるのが効果的です。具体的には 顔の内側から外側に向けた指で軽くマッサージをする容量です。

目頭からこめかみに向かって、目の下からこめかみに向かって ほほ骨の下のラインに沿って、同じくこめかみへ。 そして唇の下からあごの下に向かって。

最後に耳の下あたりから首筋を鎖骨に向かって指をなでてあげると いいです。これを10回づつ行うと、リンパのつまりがとれ 流れが良くなります。行った次の日には効果があらわれるでしょう。

二つ目が「水分によるむくみをとる」です。

顔全体のむくみがあごのたるみにつながってる場合があります。
それはリンパの他に水分が原因のむくみがあります。
塩分やアルコールのとりすぎなど、原因はいくつもあるので 特定は難しいのですが、適度な運動をすることで、このむくみは 解消でします。簡単にいうと汗をかくことです。

ジョギングなどを30分程度行うと、行った直後に顔のむくみは とれて、あごのたるみも少なくなっているでしょう。

最後に、「顔面の筋肉を鍛えなおすこと」が必要です。

加齢により、顔の筋肉も重力に負けて下に落ちてきます。
それに対抗するには、よく人と会ってしゃべることや、よく笑ったり よく泣いたり、感情豊かに生きていくことが効果的ですが 一日中事務仕事の方などは、そういうわけにもいきませんよね。

なので意識的に顔の筋肉を鍛えなおす必要があります。
私がおすすめするのは「あいうえお」をものすごくオーバーな アクションでいう事です。「あ」と言いながら大きく口を開けて 目を見開いて、「お」の時は口をタコのように突き出しながら言う という方法です。

この3つの方法をうまく掛け合わせて ぜひあごのたるみをとってください。

最新情報

あごのたるみには、中国式『かっさ』がオススメ!

あごのたるみには、『かっさ』がおすすめです。
某テレビ番組で紹介されてからは日本でも広く知られ流行っている、中国の民間マッサージ療法です。
かっさとは、天然石や陶器、牛の角でできた平べったい板状のへらを使い、毛細血管に圧を加え新陳代謝を促し、血の巡りを良くし老廃物の排出をサポートすることで、たるみを解消するマッサージ方法です。

エステサロンなどで、専門家に施術してもらうのもよいですし、かっさ自体はインターネット等でも購入できます。

最近では、雑誌の付録についているものも見かけました。
テレビを見ながらや、お風呂タイムに気軽に自分でマッサージできるので、
試してみる価値はあるかと思います。

この投稿の続きを読む »

2014年5月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:改善方法

簡単なトレーニング方法

年齢を重ねると色々な事が気になってきませんか。
特に顔に年齢が出てくると、憂鬱な気分になるものではないでしょうか。
メイクである程度、年齢を隠す事は出来ても顔の輪郭まで隠す事は出来ません。

特に年齢を感じるのが、顔のたるみだと思います。
年齢を重ねると、どうしても顔にたるみがでてくるものです。
そこで自分であごのたるみを取る方法をご紹介したいと思います。
まず口を軽く閉じます。

次に顔を少し上に向けて、下あごの筋肉を意識します。
この下あごの筋肉を意識をするという事が大事です。
その下あごの筋肉を意識しながら、下唇を鼻の頭に近づけるように動かしていきます。

この投稿の続きを読む »

2014年5月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:改善方法

あごのたるみに効く体操

あごのたるみは、女性としてはどうしても気になってしまうものですよね。

顔の大きさも増して見えてしまいますし、輪郭も歪んで見えてしまいます。

いつでもすっきりとした顔でいられたら嬉しいですね。

実は、あごのたるみはちょっとしたことを心がけることで、解消することが可能なんですよ。

あごや口周りの筋肉が減ってくると皮膚や顔のお肉を支えることが出来ず、たるみに繋がってしまうので、たるみに効く筋肉を鍛えて行くことが大切なんです。

今回は簡単なお顔の体操をいくつか紹介して行きたいと思います。

この投稿の続きを読む »

2014年5月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:改善方法

あごのたるみを体操とマッサージで撃退する方法

あごは年齢が出る場所として代表的ですが、原因は年齢だけではなく肥満による為である事もあります。いずれにしろ、あごは自分では見えないので、たるんでいても二重あごになっても気付かない事が多いのです。

日常生活を送る中で、他人のあごが目につく事はありませんか?「たるんで二重あごになってるのに気付かないのかな?ああはなりたくないな。」と思っていながら、実は自分もそうなっているかもしれません。

私は少し太ってしまった時にはあごにお肉が尽き易く、すぐに太ってきている事が分かります。ふとした時に二重あごになっている顔を見てギョっとしました。
そこで私が普段気付いた時に必ずやっているのが“アイウエオ体操”です。この体操は、アからンまでをゆっくり大きく口を開いて繰り返す体操です。普段あまり大きく口を開いていないので3回繰り返す頃にはかなり顔の筋肉が疲れてしまいます。

この投稿の続きを読む »

2014年5月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:改善方法

二重あごを完全に改善します

どんなにスキンケアやメイクを頑張っても、二重あごであごのお肉がぷるぷるしていては台無しですよね。ここはしっかりケアしたいところです。

私の体験した二重あご克服方法です。

こちらは女優さんがテレビで紹介していた方法です。もう10年ほど前でしょうか、まだ便利グッズなどは少なかった頃、これはと思って覚えておきました。

やり方は簡単です。
お風呂に入っているときにできる方法です。まず頭を上にむけてあごを突き出します。
口は「い」を発音してみてその形にしてください。その口の形のまま、あ、い、う、え、おを五十音ゆっくりと発音します。口の形は「い」のままです。
首の筋力がとても引っ張られる感じを実感できると思います。

この投稿の続きを読む »

2014年5月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:改善方法

あごのたるみの原因と改善法

二重あごやあごのたるみがあると老けて見られたり太って見られたりします。
普段は気付かなくても、あごの下を触ってみたらタプタプとあごがたるんでいたり、横から見るとあごにたるみがあったりする方も意外と多いのです。

あごのたるみの原因には加齢によって肌の潤い物質が失われて顔の表情筋も衰え、あごたるみが発生します。
また、最近は食の欧米化が進み柔らかい食べ物が増えてきたので、物を食べる時に噛む回数が少なくなりあごの筋肉が低下してたるみが起こることもあります。
そして、PCやスマホの普及により、うつむいてスマホを長時間いじったり、仕事でずっとPCを扱っていると無表情になり表情筋の低下や肩、首の凝りであごのたるみが起こりやすくなります。

あごのたるみを改善するには、食べ物を噛む回数を増やしてあごの筋肉を鍛えるのが最適です。
普段の食事でなるべく噛む回数を増やしたり、ガムを噛むなどして、あごの筋肉を動かすようにしましょう。

長時間のデスクワークで肩や首の凝りがある場合は、それを解消してリンパの流れをよくしてあげるとあごのたるみ改善に役立ちます。
仕事の合間に肩や首のストレッチをしたり、帰宅してお風呂で血行を良くして肩や首をマッサージするのがおすすめです。
首筋から鎖骨辺りを軽くなでて、リンパの流れを良くしてあげるとたるみが取れやすくなります。

プライベートでPCやスマホを長時間いじっている方はその時間を少し減らし、友達などと会って会話を楽しむのもいいでしょう。
おしゃべりをするのは自然に表情筋を鍛えられるので、たるみ改善には力を発揮します。

この投稿の続きを読む »

2014年5月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:改善方法

あごのたるみの鍛え方

昔の私は45キロでした、痩せの大食いでいっぱい食べていたんですが
結婚して30歳すぎたあたりくらいから太っていきました。
きっと新陳代謝も悪くなっていったんでしょうね。
体重は60キロくらいになっていました。

二重あごになってたし、鏡を見たくありませんでした。

そんなこんなで10年たって、痩せてやろうと思い
半年で15キロ落としたんですが

二重あごも、痩せていくうちに消えていったんですが
痩せていく過程の時にもう少し二重あご引っ込ませたいと思い
鍛えたことがあります。

方法は口を大きく開けて上を向いて舌を思いっきり上に伸ばすと
あごの所に少し痛い所が出てくると思います。
痛くない人もいるかもしれませんが、私は痛かった記憶があります。

そこの筋肉を鍛えて二重あごを引っ込めようって事なんですが
効果ありましたよ。

今は痩せましたが、少しあごの所が二重あごだったりします。
痩せたのに二重あごって事は
きっと、太るのも二重あごになるけど、たるんでも二重あごになるんでしょうね。

二重あごの筋肉の鍛え方も色々あると思いますが
意識してあごの下の筋肉を動かすだけでも効果あると思いますので
思い立った時とか舌を上に引っ張るようにしてみるなど、自分で色々工夫する事と
継続する事で効果は出てくると思いますので私もチャレンジしてみようと思います。

お風呂に入って湯船につかっているタイミングで習慣化してもいいですね。
後、お風呂といえば、二重あごの所を手の甲でペチペチ叩くのも効果あると聞きます。
ダブルでやれば、さらに効果アップかもしれませんね。

あごの少し横のリンパ腺の循環を良くする為のマッサージも良いですね。
もしかするとお風呂が長くなっちゃいそうですが

やるのは数分や数回、だけど継続する事が大事だと思いますので
ぜひ試してみてくださいね。

2014年5月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:改善方法

気軽にできる方法であごのたるみを解消させる

たるみは年を重ねるごとに気になるものですが、その中でもあごのたるみというのは
悩んでいる人、気にされる人が多いです。
写真をうつしてびっくりしたという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

そんなあごのたるみをなんとか解消できないものかと思い、色々調べてみたところ
費用さえあればやはり確実なのは美容整形ということが分かります。

他にもエステや小顔矯正といったようなものもありますね。
しかしこれらも費用がかかります。

美顔器を使うという方法もあります。
最近は家庭用の質の高い美顔器が沢山ありますので、これらでたるみを解消することも
十分に可能だといえます。

この投稿の続きを読む »

2014年5月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:改善方法

あごの裏を伸ばすストレッチが効果的

アゴのたるみを取る場合他の部位と同じような方法で部分痩せをしようと試みると、まずうまくたるみは取れません。
なぜならば脂肪の燃焼は筋肉の中で行われるのですが、首はもともと鍛えにくい場所で、足や腕のようなわけにはいかないからです。
これはプロレスラーでも首とか顔とかは鍛えられない、鍛えにくい場所として知られています。

それではアゴのたるみを取るのにどのような方法が効果的かと申しますと、まずアゴを空に向けるようにアゴの裏を伸ばす感じでストレッチを行います。
普段の生活ではアゴの裏を伸ばす行動はまず行いませんので、アゴの裏を伸ばすストレッチを行う事によりアゴの脂肪のある部分も刺激を受け代謝が良くなります。

この投稿の続きを読む »

2014年5月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:改善方法

関連サイト
顔のたるみの原因とおすすめ美顔器3選
顔のたるみでお悩みの人におすすめの美顔器をランキング形式で紹介しています。また、原因や予防方法なども掲載しています。

このページの先頭へ

イメージ画像